ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
エミリー・ローズ

裁判員制度について考えさせらた映画
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション

CM等ではホラー映画のように扱われていますが、これは法廷劇です。
裁判という人間が作り出した制度の中で、悪魔憑きによりエミリーが死に至ったのか、それとも彼女が(精神の)病であったにも関わらず治療を受けさせなかったことから死なせてしまったのか、を争うのです。
一般に「現実的」と言われる制度の中で「科学的」とされる考え方と「非科学的」とされる考え方を同じ俎上にのせてしまう不可思議な設定ですが、これは1970年代に実際にあったことを元に描かれています。

久しぶりに見てよかったと思えた映画でした。
ただ、どこがよかったかと聞かれるとなんとも答えようななく、自分の表現能力の低さに情けなくなります。簡単に言えば好みの要素(法廷、宗教観、精神医学)が全て入っているから、くらいでしょうか。
以下ネタバレ入ります。

エミリーに起こったことは法廷の中で徐々に明らかになっていきます。
最初は検察主張のエミリー病説。
立証がすすむにつれ、成る程と思わせられます。
私は基本的に、幻覚や幻聴は脳が作り出すものだと思いたい方です。
だから、この「エミリーは病だった」という立証過程はとても心落ち着くものでありました。
一見不可思議に思えるものも、病が引き起こしたものだと客観的に証明してくれるのですから。

しかし裁判がすすむにつれムーア神父やエミリーの家族、ボーイフレンドの視点からの証言が始まると、今度はエミリーが本当に憑かれていたのではと思わせられるのです。
辣腕弁護士エリンも同じです。彼女は、悪魔の存在を信じてはいませんでしたが、事件を調べていくにつれ、彼女の中での判断が揺れて行きます。
そして、勝つことが全てのような人間だった彼女が、悪魔が本当に存在したのだと主張することによりムーア神父の無罪を主張するのではなく、陪審員に判断を委ねる弁論をするのです。
「エミリーは病であったかもしれないが、そうでない可能性もある。悪魔に憑かれていなかったかもしれないが、そうでないとは誰も言い切れない。でも確かなことがひとつだけある。エミリーは神父を信じ、神父も全力でエミリーを助けようとしたことです」と。
そして製作側も、観客に対し、あなたはエミリーの事件は実際はどうだったのだと思いますか?と問うているのです。
判決の結果は出ますが、結局白黒はっきりとはしないまま映画は終わります。

だから見る側はぽーんと投げ出されたような形にはなりますが、どちらにもある程度納得させられ、価値観押し付けタイプの映画にあるような嫌悪感がありませんでした。私は人の心の中に無理やり押し入って主張を通そうとするようなものが苦手です。だからこの映画が好きと思えたのかもしれません。

個人的には…やはりエミリーは病であったのだろうと感じましたが、「エミリーは神父を信じ、神父も全力でエミリーを助けようとした」事実は信じたいと思いました。
…そうなると評決ができなくなりますね…
日本でも裁判員制度が始まる中、こういう映画は別の意味でも面白いです。

映画で気に入らないと思ったのは、弁護を引き受けてからエリンの周りで不可思議なことが起こりはじめること。
この演出のせいでエリンの変化がチープなものに受け止められかねないと思いました。エミリーの事件の外では完全に法廷劇に徹して欲しかったです。そうでなければ、映画全体が安っぽくなってしまいます。


以下追記です。

more…

| 2006/04/06 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
ベルベット・レイン

スタイリッシュ香港
ベルベット・レイン
ベルベット・レイン


映像美で魅せていく監督さん。
とにかく美しい香港映画です(いわゆるイメージ映像とも言われかねないくらい)。
もう少しまとめて書きます。
あと書きたい映画も見たい映画も沢山あるのですが、精神がおいつきません…

3月19日追記
以下ネタばれ&妄想全開の友人宛の感想メール転載です。
あらすじは画像クリックして下さるとアマゾンにありますので、ご参照下さいm(__)m
映画観て殆どすぐに書いたメールだから多分そのときは、そんな風に感じたのだと思います。
DVD届いた今、メイキングやインタビュー映像を見ると製作側の意図とは違った印象もってるみたいですけど(>私)、そういう感想、いや邪推もあるということで…。
上にも書きましたが、こんなに美しい映像見せてもらえるとは思いませんでした。キャストはもちろんその他の映像全てにおいて眼福眼福、です。
ただ、好まない人もたくさんいるだろうなと思った映画でもあります。


↓ネタバレメール

more…

| 2006/01/31 | 香港映画 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
雑記

前回から一月以上たってしまいました。
また追々更新できればと思っています。

以下私信ですが…

はじめまして。
観る機会のなかった映画を楽しめる機会を下さって本当にありがとうございました。また一つ大好きな世界ができました
今後とも宜しくお願いします。

| 2005/12/06 | 雑記 | TB(0) | COM(3) | TOP ↑ | 編集|
恋愛寫眞 - Collage of Our Life -

期待しないで見てください
恋愛寫眞 - Collage of Our Life -
恋愛寫眞 - Collage of Our Life -

広末涼子も松田龍平もどちらかというとあまり好きな俳優じゃありません。
でもこの映画の中ではとても魅力的な人間でした・
少女漫画の一番あまいところを切り取って映像化したようなとても不思議な作品です(期待していなかったので余計そう感じたのかもしれません)

松田龍平演じる誠人が広末演じる静流のカメラを手にして彼女が見たNYの街を撮影し続ける姿は静流が見た景色を自分も感じたいと思ったから。
ラストで彼女の名を名乗り、彼女の名でカメラマンとして生きていくのは、彼女の視線で被写体を見つめることでこれから先二人分で生きていく決意の現れ。
誠人の静流の才能への嫉妬から離れることになってしまった二人は、結局それを超えて二人で寄り添い、同じものを見続け生きていくのです。

大学時代の周囲の人々、同窓会のシーン、舞台がNYに移ってからも人の心の醜いところは描かれているものの映像はただ淡々と進むのみです。
小池栄子だけが唯一この映画の中でリアルを持ち込んでいたけれども、ひっかかりのくれるセリフが少しずつあったりするけれども、それらを補ってなお広がる透明感。

この映画は映像を楽しむための映画かもしれないと思います。
映像というよりは写真集のような映画。
写真を撮る人ならきっとこんな風に生きた瞬間を切り取りたいという気持ちを喚起させられるかもしれません。
広末涼子ファンの人もそうでない人も彼女の演じる静流には惹きこまれることだと思います。
近々廉価版のDVDも出ることですし、一度手にとってみて下さい・

正直色んな人の感想を聞いて見たい映画でした。
うちの家族は何言いたいのかわからない、広末は嫌いだったけどこの映画では可愛く感じると言っていました。大半そうかな?

| 2005/11/03 | 邦画 | TB(1) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
インファナル・アフェア トリロジーBOX

インファナル・アフェア トリロジーBOX
アンディ・ラウ アンドリュー・ラウ アラン・マック
B000A8OD5U


やっぱり出ますね!
この世界観をハリウッドで出せるものなのか疑問に思いますがちょっとだけ期待しています。
1はいうまでもなく、2は群像劇としてとてもすばらしいし、3は精神論的な面を含め何度でも見たくなる映画です。
この映画にNG集は要るのかな?なんて考えたりしながらも欲しいと思ってしまうファン心理です。

| 2005/08/24 | 雑記 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
亡国のイージス

映画化はやっぱり難しかったのかな…
もうひとつの 「亡国のイージス」 ~オールアバウト・如月行~

今日はご縁でチケットを複数枚頂いた「亡国のイージス」を見てきました。
きっとまだまだ見に行きます。
映画化決定前から原作のファンで福井さんの作品の中でも人に薦めまくった作品です。
如月行のキャスティングが決まった時点で”はまり”だと思いました。
わかった時点で彼の本まで買ったくらいです。
勝地涼という俳優さんは以前から注目していました
(…と言っても「パコダテ人」(宮崎あおい in 『パコダテ人』)やちょっと待って、神様(名作!)といった宮崎あおい作品での彼の演技です)。
とにもかくにも彼がキャスティングされた時点で、仙石さんがかっこよすぎの真田広之であることも含めて期待大!の映画でした。
(ローレライは映画を見ても余り印象に残りませんでした)

第1回を見ての感想ですが、、、
(ネタばれ多少含んでいるかもしれません)
あー、小説のここを端折ったのか、でもここはこういう意図で作ったエピソードなんだ!、あのシーンはこんな風に描かれるんだ!と自分が思い描いていた世界が眼前に広がるのを確認したというような感じでした。そして全体的に満足度の高い映画でした。
でも欲を言うなら、これだけ自衛隊が協力してくれたのなら連続ドラマのようにして、もっともっと小説世界をリアルに描いて欲しかったです。
きっと2時間少しに纏めるために端折った描写もあるはずだから、いずれDVDになったときには全てつないだ完全版を見てみたい!と思いました。
映画の中には原作を読んでいるから解るのだろうという描写が多々あります。
きっと知らずにご覧になった方は意味不明な箇所もあったのではないかと思います。ジョンヒと行のキスシーンの意味や、ヨンファとジョンヒの視線の絡み等理解できた人っているのかしら?と思いました。
勝地涼は如月行を演じるにあたってとてもよい素材であるとは思うのですが、如何せん描写が弱くて、彼が他人(仙石)と心を通わせることが如何に奇跡的であるかというこちら側が得たい感動がほとんど得られなかったのが残念です。超人的な意志の強さや能力の高さを映画からは余り感じることができなかったのは私の見る側としての能力の低さかもしれませんが、とにかく残念でした。
(この映画は主人公は真田さんだから仕方ないのかな。でもやっぱりよい俳優さんですね、改めて思いました。)

風間はどのように演じられるのか非常に興味があったのですが、原作を知っているからこそ映画の中の彼を注視できるのであって、知らない人には臆病者に見えかねないかもしれないのが勿体無いです。
書いているときりがないので、とりあえずここで終わります。

2回目の鑑賞が非常に楽しみな映画です。

映画については↓がお勧めのブログですので、ぜひご覧ください。
ネタバレ映画館(kossyさん)

more…

| 2005/08/24 | 邦画 | TB(4) | COM(2) | TOP ↑ | 編集|
PREV | HOME | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。