ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ


土曜日は山本耕史&中村中のロック・ミュージカル
「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」
を見に行きました。
中村中さんの透明感ある声は最高でした。
(いい女のテーマ曲のときとはまた違ってて。透明感ある声としかいいようがない。)
思わず直筆サイン入りDVD付CDを衝動買いするところでした…が今回はぐっと我慢。

しかし、ミュージカルとはいえ「ヘドウィグのライブ」会場に私達観客が実際に参加しているような構成で、どちらかというと観客を含めてヘドウィグの世界を作り上げていくもののようにイメージしていましたし、実際そのように感じたのですが、皆静かに座って見ているだけのようでした。
一部かなり盛り上がってるところもありましたが、殆どは座ってみてるだけの印象です。

ヘドウィグと同じ場所(LIVE会場)にいて、その中のMCで彼女(彼)の半生をたどりながらヘドウィグの愛のかたわれ探しに一緒に入っていくような…そんな舞台になるのかなと思っていました。
最初にがつんとヘドウィグの世界に入り込めないと後が辛いです。
どうしても現実にもどってきてしまうのです。
確かに山本くんはヘドウィグであり、トミーでした。
すごい人だと思いました。
でも最初に乗り遅れてしまった私にはおいてけぼりをくらってしまったまま走り去っていく電車を見ているようで…。

そういうわけで我にかえってしまい、山本くんは演じていてテンションあがるんだろうかと思ったりしてしまいました。

感受性低い私ですら泣きそうになったり、何度か立ち上がってつい手拍子やら足踏みやらをやらかしてしまう舞台でしたのに。もったいなや…。

カーテンコールには3回出てきてくれたけれど「何もできることがないんで」「皆さんは明日休みですよね、いいですよね」って…。なんか悲しい。

ヘドウィグ~は映画で見ていてラストとてもココロに響いたのにミュージカルではもう終わってしまったの?とあっけにとられてしまってちょっと悲しかったです。

ミュージカル好きな方々はどのような評価をされているんでしょう??
私はヘドウィグのミュージカルというよりも、むしろ途中から山本耕史くんの「構成変更のできないライブ」だと思って見てしまうようになってしまってちょっと寂しかったです。
感受性の低さ&予習不足のダブルパンチくらっただけなのかも。

サントラお勧めです♪
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
サウンドトラック
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
曲名リスト
1. 打ち壊せ
2. オリジン・オブ・ラブ
3. アングリー・インチ
4. 薄汚れた街(トミー・バージョン)
5. ウィッグ・イン・ア・ボックス
6. ザ・ロング・グリフト
7. ヘドウィグの嘆き
8. 美しい死体
9. ミッドナイト・レディオ
10. ネイルド
11. シュガー・ダディー
12. フリークス
13. あなたの腕の中で
14. 薄汚れた街(ヘドウィグ・バージョン)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

| 2007/03/27 | 舞台・ミュージカル | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
<<好久没有見了! | HOME | ディパーテッド>>
COMMENTS
PLEASE COMMENT














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL


| HOME |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。