ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
2006年 総まとめ雑記

自分で書くのもなんですが、かなり放置していたので久しぶりに来てみました。
今年は色々見てみたい映画沢山あるので気が向いたら復活して行こうかなと思います(でも多分無理そう…)
以下順不同で思い出すまま箇条書き。
また個別で書くかもしれません。

2006年
=映画=
ホテル・ルワンダ
本音は特典映像の方がすばらしかったです。
先にこちらを見てしまったので映画の印象が弱まってしまって後悔。
サウンド・オブ・サンダー
あんまり印象が…
リバティーン
ジョニーが好きそうな映画だなあと思いながら見てました。
退廃的な世界観がやたら好きそう。
でもジョニー好きな友人には勧められません。人によってはグロイので。
ダ・ヴィンチ・コード
ルーブル見られただけでよし。
時間が足りなければ、あれだけの話題作なんだから2部作にでもすればよいのにと思いました。
ソフィーが改悪されていて演じているトトゥがかわいそう過ぎる…
エクソシスト ビギニング
キリスト教皮肉ってませんか???
怖いとかそういうのじゃなくて、そっちのほうが気になってしまった映画。
LIMIT OF LOVE 海猿
素直に楽しめた映画です。熱いなあ。。。
伊藤くんはそんな好きな俳優さんじゃなかったけどこの映画では別。
救助するのと趣味で潜るのとでは全然違うけど、私も一応ダイバーなんで(多分)つまらないところで見ていてどきどきしました。
トゥモロー・ワールド
受け付けませんでした。
関係ないのですが、この日の晩ノロウイルス発症…。
007 カジノ・ロワイヤル
ボンドがこんな悪役顔でよいのー?
いくら初めての仕事でもスマートさのかけらもなくワイルドだーと思いました(前作のイメージひきずっていたので)。
シリーズ全部見ているわけでもないのでよくわかりませんが、とりあえずダニエル・クレイグが見られて良かったです。
DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name
主役なのに月がどうしても受け入れられません。
なんて嫌なやつなんだろうーと思いながら見てました。
原作読んでないからなのでしょう。
逆にLの松山君はすごく良かったです。
男達の大和のときの真面目な青年像が印象が強かったけれど、何ともまあ楽しいこと。
16ブロック
NY行った後で見たので、なんか懐かしかった。
でもあんな裏道とおらないしあんな派手なデッドヒートも見ることなんてないけど。ブルース・ウィリスが出ているだけで安心感あります。
バックダンサーズ!
主役4人のうち2人が好きなので。
ひいき目で見てもあんまりお勧めはしづらい映画でした。
Vフォー・ヴェンデッタ
真面目にみたら多分すごい映画なんだと思う。
だけど私には入り込めませんでした。でも思うところは多々あり。
ジャスミンの花開く
チャン・ツィイーでなければ見ていません。
30年代から80年代の激動の上海は見ていて面白かったです。
時代背景も多分他の人よりは少々解っているとは思うけれど、映画としては冗長すぎ。

他にもDVDで見てるもの何かあると思うけれど、忘れました…

=舞台=
オペラ座の怪人
atブロードウェイマジェスティック劇場
当日はどの役かがアンダースタディだったそうだけれどBILL貰い損ねて確認できず。
2006年5月5日ソワレのファントムが誰だったのか知りたいです。
初見のため全然解りませんが、予想外に情熱的?ファントムだったような気がしました。
ペテン師と詐欺師
鹿賀丈史・市村正親と両役者さんのミュージカルとあっては是非!とチケット確保。
とにかく楽しかったです。笑えて笑えて。
鹿賀さんはレミゼや何かで何回か見にいっているのですが、市村さんは初めて。市村さんのコメディアンっぷりが楽しかったー。
高田聖子さんもっと出てて欲しかった。ツボにはまって笑える笑える。
愛華みれ・鶴見辰吾のコンビも。
ラストの奥菜恵の悪女っぷりはキュート(正直意外によかった)
ということで無茶苦茶楽しい舞台でした。
Rent
(ほぼ)オリジナルキャストで撮影された映画を見ていたので、字幕追わなくても楽しめました。曲そのものが好きでしたし。
舞台上で演奏があって、その方達もお茶目で楽しかった。
マークの声は日本公演の方(ジェド・レスニック(Jed Resnick)の方が好みで、サントラ聞いてても少しものたりない。ごめんなさい。
赤毛のアン
華原朋美のファンなので当然に。
彼女舞台向きだなあと思いました。
仕草や存在感自体がアンそのものなのかも…。
でも声が少々浮いていました。それも低い方に。
声量あるし、歌詞(セリフ)聞きとり易いしこっちの方が向いてる気がします。
しかし隣で妹に爆睡されてショックうけました…。

=LIVE=
HAND MY ADDRESS 2006(山崎まさよし)
耳そんなよくないのでMCは殆ど聞こえなかったけど、十六夜聞けたし。8月のクリスマスでピアノとちってやり直しとかのちょっとしたハプニングあったりで楽しかった。座って聞けるのがやっぱり嬉しい。
安室奈美恵 namie amuro BEST tour "Live Style 2006"
間違えって取ってしまったチケット。
でも間違えて良かった。こんなにすごい人だとは知らなかった。
尊敬です。行けてよかった。
歌とダンスのみでの2時間強。
2階とは言え殆ど舞台真横の最前近くだったので堪能させて頂きました。
パフォーマンス中は完璧なのにMC(しかも極少)ではぜいぜい言っててびっくり。

2007年
=映画=
ゆれる
見たときの心情が反映されるような映画でした。
何度見ても新しい発見がありそうで、自分の心情を再確認するためにも手元において見てみたいと感じた映画
硫黄島からの手紙
見終わって思ったのが何故邦画では撮れなかったのだろうかということ…イーストウッド尊敬
父親達の星条旗
飛行機で見たので少々とびとび。
硫黄島のあとで見たのでなんとなく穴埋めはできました。
押し付けがましさがないのにメッセージ性がとても高くて毛嫌いしていたイーストウッド作品も見てみたくなりました。

スポンサーサイト

| 2007/02/10 | 雑記 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
<<ゆれる | HOME | エミリー・ローズ>>
COMMENTS
PLEASE COMMENT














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL


| HOME |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。