ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
ブレス・ザ・チャイルド

無償の愛とそれに対する信頼、それこそが「よき知らせ」
ブレス・ザ・チャイルド
ブレス・ザ・チャイルド
6年前の12月16日に生まれた子供ばかりを誘拐するカルト集団が、ニューヨークを恐怖に落とし入れるホラーサスペンス。『L.A.コンフィデンシャル』のK・ベイシンガーと『バッファロー'66』のC・リッチが共演、監督を『マスク』のC・ラッセルが務めている。

以前DVDで見たものがTVで放映していたので再鑑賞.
周りではそれほど評価がよくないのですが、キム・ベイシンガーが子供を必死に守り抜こうとする姿が印象的で、私は割と好きな映画です。
(基本的に家族愛を描いた映画が大好きな上、宗教色が入っていたりするとかなりお気に入りだったりします。)
コーディーはキリストの再来として生まれた(と思われる)少女であり、彼女が神を選ぶか悪魔を選ぶか、といった点に重きをおくと世界を救うだの、守るだのというたいそうなお話になって、それ程評価はしないと思うのですが、この映画はただひたすら娘を守ろうとする母(実際はおば)の愛と、姪のおばへの信頼感に重心を据えたストーリーの展開をしていきます。

コーディを姉マギーの元へ置き去りにした実母ジェナに対しても共感できるところはあります。
薬漬けの彼女はコーディが生まれて9日後のクリスマスに娘をおきざりにします。酷い母ですが、彼女は自分が愛に飢えた弱い人間で、産まれた子供に愛を注げないことを自覚しているからこそ、あんなに避けていた姉を頼ってきたのだと私は感じました。
なぜなら、後にコーディを狙うカルト集団の代表者の妻となって現れた彼女はとても複雑そうだったからです。
夫の目を気にしながら「元気になった」「私の元で育てるのがコーディにとって一番よい」などとどれだけ自信ありげに言っても、本音では姉の元にいるのが一番よいと解っているような印象を受けました(肩を持ちすぎかもしれませんが)。
彼女は本当に弱い人間で、おそらく、コーディが選ばれた子だと知ったカルトがコーディの実母であるジェナを見つけだし、そして偽りの愛情で妻としただけであるのにも関わらず、必要とされることを切望していた彼女はその誘惑にどうしても勝てなかった、そんな気がするのです。
ただの酷い母親と思われるかもしれませんが彼女に一定の共感を持てたのは女優さんの演技によるところかもしれません。

こんなにも弱い人間(ジェナ)とそして強い信念と信頼を持つマギーとコーディを描くことで人間の弱さと強さを見せてくれている気がします。

エピソードを見ていくと宗教的エッセンスがいっぱいなので(屋上のシーンとかコーディの誕生日とかも)世紀末に作られた映画としては題材的に神の復活が描きたいのかなと最初は思いました。
でも主人公のマギー自身が信仰心を聞かれたときに「一応カトリックだけれど…」と言うだけあって、彼女が自分の命を危険にさらしてまで行動するのはただ娘(姪)を守りたいからだというのがわかります。
マギーにとってコーディの能力は全く関係ないのです(よく考えればマギーの前でコーディは力をみせていなかったかもしれません)。
とはいえ、コーディの内に「よき知らせ」はあって、そしてそれをマギーが知らないで終わるのは、やはり、人々の心の中に新しく何かがもたらされているんだとさりげなく伝えた世紀末映画の1本なのかもしれません。

うまく整理ができなくて自分でも落ち着きませんが、とりあえず今の感想をそのままアップします。
忘れたころにまたもう一度手にとるかもしれません。

人気blogランキング

スポンサーサイト

| 2005/06/02 | アメリカ映画 | TB(1) | COM(3) | TOP ↑ | 編集|
<<トニー・レオンのミッドナイト・エクスプレス 黒獄断腸歌之砌生猪肉 | HOME | センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン>>
COMMENTS


父がテレビで見ていた、否、ビデオで見ていた。ホラー??神とか悪魔とか外国の映画だなあと思うよね。コンスタンティンでもそうだけど。私もほんのちょっとだけ見ました。

| 2005/06/01 21:53 | 時雨 | URL | 編集 | TOP ↑


コメント書く前なのにありがとうー。
この手の話好きなので甘甘になりそうです。

| 2005/06/01 23:53 | tea | URL | 編集 | TOP ↑


突然の書き込み失礼いたします。不適切でしたら本コメントは削除していただいて結構でございます。
映画配給会社GAGA宣伝部です。この度全米大ヒットの灼熱のヒーローアドベンチャー超大作
「サハラ -死の砂漠を脱出せよ」の6/11公開を記念して、
「“アドベンチャー・キング”を目撃せよ!」キャンペーンを実施することになりました。
下記URLにて「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のオンライン試写のIDか、
チケットが当たるバナーを配布しております。よろしければ、下記URLへアクセスしてみてください。
期日・内容等の詳細は下記URLにてご確認ください。

URL: http://www.sahara-movie.jp/cp/

本コメントは削除していただいて結構でございます。

| 2005/06/03 14:29 | GAGA 宣伝部 | URL | 編集 | TOP ↑
PLEASE COMMENT














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL


「ブレス・ザ・チャイルド」    「ブレス・ザ・チャイルド」キム・ベイシンガーは、妹が置き去りにした赤ん坊を、一人で育てていた。そして6年が過ぎ。。。姪が6歳になったとき。。。6歳にになる子どもばかりを狙った連続誘拐殺人事件が発生。キム・ベイシンガーは、姪を守るため、自ら事件に飛び 尋常ならぬ娘のオタクな映画日記| 2005/06/03 00:18 |

| HOME |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。