ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
アップタウン・ガールズ 特別編

大人と子供の友情物語
アップタウン・ガールズ 特別編アップタウン・ガールズ 特別編
伝説のミュージシャンの娘として好き放題の生活をしていたモリーが、財産を管理していた会計士にだまされ一文なしに。彼女は親友と同居しながら、音楽プロデューサーの娘レイの子守りをすることになるが、アバズレなモリーと潔癖症の真面目娘のレイは水と油のような存在だった…。

大人のような振る舞いの子供レイ、子供のまま大きくなっただけのようなモリーの友情物語。
だけど大人と子供の違いってなんだろう。
モリーとレイを見てると「大人のような」とか「子供のような」って形容詞をつけて説明してしまうけれど、今ではそれが特異なことではないという気がする。
昔のように大人は大人、子供は子供、というはっきりとした境目がなくなっているのに、あえて「~のような」と説明してしまうのは、そうありたいという願望からなのかなとふと立ち止まる。
そう思うと二人がいわゆる「大人」「子供」のベクトルに向かって自分を見つけていく過程はある意味教本のように感じるけれど。

映画自体はハートウォーミング系のコメディなので、細かいところはおいといて。
二人の関係の変化を見ているだけで、ほのぼのとした気持ちになれる。
映画の中で何度も流れるモリーの父の残した歌が耳に残って、時々思い出してはまた見たいなあと思う映画。

ブリタニー・マーフィーはサウンド・オブ・サイレンスのときとは別人のようなコメディエンヌぶり。
ダコタ・ファニングは生意気で嫌みったらしい子供っぷりがすごいとおもうけれど今回は特に家なき子の安達祐実に見えてしまう…のはご愛嬌?

人気blogランキング

スポンサーサイト

| 2005/05/22 | アメリカ映画 | TB(3) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
<<エネミー・ライン | HOME | レンタルで見るとき>>
COMMENTS
PLEASE COMMENT














管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL


『アップタウン・ガールズ』 アップタウン・ガールズ 特別編こんなにキュートな友情は、滅多にない。というわけで、ダコタちゃんが出ているこの作品。ずっと見たくてレンタル屋をフラフラしていたのですが、ちゃんとありました!見つからないと思っていたら案外目立つところにあって拍子抜け。D 女子高生の映画評論| 2005/06/12 15:27 |

アップタウン・ガールズ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンアップタウン・ガールズ 特別編 (初回限定生産)天才子役と評判のダコタ・ファニング、メグ・ライアンの次のラブコメ女王?ブリタニー・マーフィー。そんな二人の映画は楽しくも切なくもあった。伝説 鑑賞文| 2005/07/13 22:10 |

アップタウンガールズ DVDでブリタニー・マーフィ、ダコタ・ファニング出演の「アップタウンガールズ」を観ました。●ストーリーモリー(ブリタニー・マーフィ)は8歳の時、飛行機事故で母と伝説的ロックスターの父を同時に亡くしたが、父の残した莫大な遺産のお陰でニューヨークの高級アパー Rohi-ta_site.com| 2005/08/25 10:52 |

| HOME |




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。