ENTRIES ARCHIVE CATEGORY SEARCH COMMENTS TRACKBACKS LINK 好きな映画

OLの”映画備忘録”みたいなもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| --/--/-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ↑ | 編集|
ディパーテッド

オリジナルとは別物として見れば楽しめます
ディパーテッド (出演 レオナルド・ディカプリオ)
オリジナルファンとしては最初から期待していませんでした。
同じくインファナル~ファンの妹も酷評していたので期待度ゼロで行ったのが幸いしたのかもしれません。
劇場にいる間は意外に楽しめました。
でも振り返ってみるとどうしても比べてしまうんですよね。

見終わって思ったのはディパーテッドはインファナルのエピソードだけを借りて別の世界観を描写した映画だなあということ。
オリジナルの無間地獄というテーマがすっぽりなくなっているのは、やっぱり宗教観というか民族性の違いを感じさせられました。
同じ題材を使いながらインファナルの主役二人の善悪への揺れ、苦悩、そこから抜けられないやりきれなさ…そういう描写がないのです。
描く世界観が違うということはもう別物の映画なんですね、きっと。
だからと言ってよくなかったというわけではないんです。

こちらはこちらで、緊迫感漂う映画として152分という長時間を最初から最後まで飽きることなく見ることが出来ました。
何よりの収穫はディカプリオかもしれません。
タイタニックのあとビーチを見て、ちょっと苦手だなという意識があったのですが、タイタニック出演前に抱いていた細やかな役者さんというイメージに戻りました。
存在感とかは正直ボスのジャック・ニコルソンが強すぎて、うーんという感じでしたけれども、彼の置かれた状況の緊迫感の表現は鬼気迫るものがありました。
見てるこちらも緊張しまくりです。
脚本がビリー(ディカプリオ)よりに描かれているせいもあるかもしれません。

割を食ったのがマット・デイモン。
役柄として全然いいとこなかった気がします。
警官としての誇りもそれほど感じられることもなく、単なる上昇志向が強いだけの嫌な人間ぽくてどうも好きになれませんでした。
脇役のようで魅力が感じられません。
潜入になった理由もそれ程しっくりくるものでもなく(最初のアイリッシュとかのエピで描いてるのかもしれませんが知識ないので全然わかりませんでした)ただ保身のために脅されてやってるだけみたいな印象です。
またディカプリオ側のボスの死も、そもそもボスの存在感が薄いので、彼の死がビリーに与えたであろう衝撃も少なく感じてしまうのです。
なので、この映画ってディカプリオ、ニコルソン、デイモンだけしか印象に残らないんですが、それでも最後までぐいぐい惹きつけるだけの力があるのがすごいところだと思いました。

しかし。
人があまりに簡単に死んで行くのがなんとも残酷。
その無残な描写を淡々と描いているのがこの映画の世界なのかもしれませんけれど、こんな無味乾燥に暴力シーンを描かなくてもと思いました。これがキモなんだといわれればしかたないですけれど、容赦なく人が死んで行くのでそういうのが苦手な人にはすすめにくい映画ではあります。

あとは…
ラスト近く、潜入の二人がやっと互いの正体を知るシーン。
オリジナルでは彼らが「警官としての誇り」と「善の象徴である警官になりたいと思う苦悩」がぶつかり合う名シーンだったのですが、ディパーテッドでは二人とも警官であることへの誇りよりも、まずは「保身」がそれぞれの行動の主な動機になっているように感じていたので、対峙する意味が見出せませんでした。
誇りに基づいての行動であるならば、理解できるのですがそういう描写がないので敢えて危険をおかすビリーの行為が不自然です。

それまでの描写からならコリンが潜入であったのを知ってもまずは身分回復、その後証拠をもって逮捕という過程を採ると思うのですが…。
もしくは最低でも自分が気づいたということは隠し通すと思うのです。
オリジナルでは警官としての矜持、信頼していたボスを殺された怒りがヤン(ディパーテッドではビリー)のあの行為の動機になっていたと思うのに、ビリーの場合はどうしてあんな無茶をしたのか理解に苦しみます。

ラストシーンをこっぴどく変えてくれるんですから、ここからストーリーを別物に変えてくれればよかったのにと感じます。
本当にこのシーンが一番不満。

あとはラストシーン。
これは何のための描写なのかと思いました。
勧善懲悪でもないし、救いようがない世界。
同じ救いのない世界といってもオリジナルとは違う心のない世界のような印象です。
ただこのシーンのおかげで監督が描いたのは完全に別世界映画なんだと確信できましたけれど。

やっぱりオリジナルと比べてついついケチをつけてしまうのですが、テンポは良かったし、見ていた間は普通にどきどきし続けられたのでそれなりにいい映画だったのではないかなとは思います。
オリジナル未見の周囲の人は面白かったと言っていましたし。
だけどこれがアカデミー賞受賞作品というのは違うような気がしました。
(やっぱりケチつけてるだけの感想ですね、すみません)

おまけ。
最初の描写がマット・デイモン演じるコリンの子供時代からなんですが、この子がほんとデイモンそっくりで大人になったコリンと重なっていく過程はホントに少年時代からそのまま成長したような気分でした。

スポンサーサイト

| 2007/03/05 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(1) | TOP ↑ | 編集|
エミリー・ローズ

裁判員制度について考えさせらた映画
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション

CM等ではホラー映画のように扱われていますが、これは法廷劇です。
裁判という人間が作り出した制度の中で、悪魔憑きによりエミリーが死に至ったのか、それとも彼女が(精神の)病であったにも関わらず治療を受けさせなかったことから死なせてしまったのか、を争うのです。
一般に「現実的」と言われる制度の中で「科学的」とされる考え方と「非科学的」とされる考え方を同じ俎上にのせてしまう不可思議な設定ですが、これは1970年代に実際にあったことを元に描かれています。

久しぶりに見てよかったと思えた映画でした。
ただ、どこがよかったかと聞かれるとなんとも答えようななく、自分の表現能力の低さに情けなくなります。簡単に言えば好みの要素(法廷、宗教観、精神医学)が全て入っているから、くらいでしょうか。
以下ネタバレ入ります。

エミリーに起こったことは法廷の中で徐々に明らかになっていきます。
最初は検察主張のエミリー病説。
立証がすすむにつれ、成る程と思わせられます。
私は基本的に、幻覚や幻聴は脳が作り出すものだと思いたい方です。
だから、この「エミリーは病だった」という立証過程はとても心落ち着くものでありました。
一見不可思議に思えるものも、病が引き起こしたものだと客観的に証明してくれるのですから。

しかし裁判がすすむにつれムーア神父やエミリーの家族、ボーイフレンドの視点からの証言が始まると、今度はエミリーが本当に憑かれていたのではと思わせられるのです。
辣腕弁護士エリンも同じです。彼女は、悪魔の存在を信じてはいませんでしたが、事件を調べていくにつれ、彼女の中での判断が揺れて行きます。
そして、勝つことが全てのような人間だった彼女が、悪魔が本当に存在したのだと主張することによりムーア神父の無罪を主張するのではなく、陪審員に判断を委ねる弁論をするのです。
「エミリーは病であったかもしれないが、そうでない可能性もある。悪魔に憑かれていなかったかもしれないが、そうでないとは誰も言い切れない。でも確かなことがひとつだけある。エミリーは神父を信じ、神父も全力でエミリーを助けようとしたことです」と。
そして製作側も、観客に対し、あなたはエミリーの事件は実際はどうだったのだと思いますか?と問うているのです。
判決の結果は出ますが、結局白黒はっきりとはしないまま映画は終わります。

だから見る側はぽーんと投げ出されたような形にはなりますが、どちらにもある程度納得させられ、価値観押し付けタイプの映画にあるような嫌悪感がありませんでした。私は人の心の中に無理やり押し入って主張を通そうとするようなものが苦手です。だからこの映画が好きと思えたのかもしれません。

個人的には…やはりエミリーは病であったのだろうと感じましたが、「エミリーは神父を信じ、神父も全力でエミリーを助けようとした」事実は信じたいと思いました。
…そうなると評決ができなくなりますね…
日本でも裁判員制度が始まる中、こういう映画は別の意味でも面白いです。

映画で気に入らないと思ったのは、弁護を引き受けてからエリンの周りで不可思議なことが起こりはじめること。
この演出のせいでエリンの変化がチープなものに受け止められかねないと思いました。エミリーの事件の外では完全に法廷劇に徹して欲しかったです。そうでなければ、映画全体が安っぽくなってしまいます。


以下追記です。

more…

| 2006/04/06 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
宇宙戦争

宇宙戦争 (トム・クルーズ主演)
宇宙戦争 (トム・クルーズ主演)

一番怖いのは人間
H・G・ウェルズが1898年に発表した小説を、スティーブン・スピルバーグ監督が映画化。世界各地で異常気象が発生するなか、港湾労働者のレイが住むアメリカ東部の街でも奇怪な雲が立ちこめ、稲光が落ちると、地底から巨大ロボットのような物体が現れる。異星人の襲来だと知ったレイは、別れた妻から預かったふたりの子どもを守りながら、必死に逃走。しかし、異星人のパワーは予想以上で、街はどんどん破壊されていく…。

トムとダコタがただひたすら逃げ惑うお話。
それだけだと思いました。
でもそれだけで人間の弱さと強さと、そして恐ろしさを思い知らされました。
自分たちだけでも生き残るのだという「信念」のために人を殺すこともできるのが人間なんだと突きつけられたような感覚でした。
そういう意味で、私は宇宙戦争は見てよかったと思う映画です。

中にはよき人も出てきます。
でも大衆に飲まれていくとどうなんでしょう?
極限状態のなか、神経を病むことも当然あるでしょう。
親子を匿ってくれたティム・ロビンスなんてそんな状態。
それでも生きるためにトムは娘を守るためなんだと…(以下自粛)
使命さえあれば、人間は安心して理性を消していけるのだという、嫌な気持ちを思い出させられました。

スピルバーグは人間賛歌を描いてくれる監督だと思っていたのですが、解らなくなりました(苦手な作品も多々ありますが)。
トムは父親失格なのに子供ふたりつれて逃げないといけない状態に追い詰められる・・・
そういう設定だから極限状態の中、トムが子供たちと支え合い、暖かな感情が生まれるのかと思いきやひたすら逃げるのみ!!!
(私もそれがいいと思うけれど)
しかも長男は「正義のため戦う」と父と妹を置いていってしまう!!
・・・やはり父親失格はそのままで終わらせるのか、、なぞでした。

宇宙人の最期もあっけなく、残ったのは人間(+人間のえぐさ)のみ。

次から次へと危機が訪れるので人間の感情を追うドラマというよりはただその危機から逃げ惑うトム親子をひたすら客観的にカメラが追っているような、なんと言えばいいのかわからないのですが、カメラからも突き放された感のあるような映画でした。

more…

| 2005/07/24 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
サハラ 死の砂漠を脱出せよ

昔ながらのど派手なアクション映画

ブログでのバナー広告参加でチケットを頂き、鑑賞してきました。

ほんとに、昔ながらのど派手なアクション映画!って感じでした。
次から次へと危機が襲い掛かってくる中、主人公たちの機知で乗り越えていくというお約束どおりの展開です。見る側も追っかけていくだけで大変、とにかく飽きさせることがありません。

私の中では軟弱なイメージのあったマシュー・マコノヒーが何でもできるスーパーマンのようで意外でした。
相棒や上司とのやり取り等は結構楽しくてシリーズ化の話が出てもいいのになと思いました。
ペネロペがWHOのお医者さんで登場しますが、案外はまっていました。
ただ、伝染病感染地区に調査に行こうとしているのにマスクなし、手袋も直前までなしってアリなの???とつい最近まで病気していた人間としては非常に気になりました。

どちらかというとアドベンチャーゲームの映画バージョンっぽくもあります。大画面で見るのもよいですが、自宅のテレビで、家族とあれはこーだ、これはこーじゃない?なんていいながら楽しく見たいかなと思った映画です。

サハラ-死の砂漠を脱出せよ-
サハラ-死の砂漠を脱出せよ-

サハラ~死の砂漠を脱出せよ サウンドトラック
サハラ~死の砂漠を脱出せよ サウンドトラック

死のサハラを脱出せよ〈上〉
死のサハラを脱出せよ〈上〉

死のサハラを脱出せよ〈下〉
死のサハラを脱出せよ〈下〉



| 2005/07/16 | アメリカ映画 | TB(2) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
トロイ

自然の美しさと人の心の行き違い

トロイ 特別版 〈2枚組〉
トロイ 特別版 〈2枚組〉
ブラッド・ピット、オーランド・ブルームからピーター・オトゥールまで新旧のスターが共演したアクション超大作。紀元前のギリシャで起こったとされるトロイ戦争を題材に、トロイの王子パリスが、スパルタの王妃を奪ったことから、ギリシャ全軍がトロイを攻撃する物語が展開される。ギリシャ軍に属する無敵の戦士アキレスと、パリスをかばう兄ヘクトルの闘いが最大の見せ場だ。

勧善懲悪やすっきりとしたエンディングを求めるなら、あまりお勧めできない映画です。
出てくる俳優さんに影響されるほうなので、今回は特に苦手意識を持って鑑賞しましたが、パリスの兄ヘクトルに惹きつけられ、見てよかった映画に変わりました。
ささいなきっかけが原因でサイは投げられ、さらに人の心が加わってどうしようもなく事態が進んでいく。いつの時代もこうやって戦争が起こっていくんだろうなと感じました。
ヘクトルの生き方は不器用だけれど真摯で、人間も捨てたものじゃないと感じさせてくれます。
主役とされているブラッド・ピットの肉体改造はある意味すごかったし、オーランドブルームの軟弱王子様ぶりもよかったのかもしれませんが全て霞むくらいヘクトルの生き様がよかったです。
あとはあの海と浜辺の砂地のコントラスト。
古代の絵巻物として鑑賞するにはよい映画だったと思います。

| 2005/07/10 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(1) | TOP ↑ | 編集|
スター・ウォーズ 特別篇

TVで初めて見ました。
正直面白いと思うとは思わなかったです。
来週もTVで鑑賞予定…。
ありがとう>家族。

スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2005/06/25)
売り上げランキング: 4

| 2005/07/04 | アメリカ映画 | TB(0) | COM(0) | TOP ↑ | 編集|
| HOME | NEXT




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。